2018年4月18日水曜日

US Cup #4 – Bonelli Park XCO:レースレポート

大会名:            US Cup #4 Bonelli Park XCO
開催日:   2018414
開催場所:  アメリカ・Sam DimasBonelli Park
カテゴリー: UCI Hors-Class
リザルト:         DNF(途中リタイア)
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

アメリカ・Sam Dimasで開催されたUS CUPに参戦してきた。
先週のFontana大会から中1週間でのレースとなるが、時差ぼけも完全に取れたことで充実した準備を行なうことができた。レースコースを利用して脚にしっかりとした刺激を入れられたことで体調も良く、とても楽しみな気持ちで今回のUS CUPを迎えた。

アメリカに来てからの2週間の間で一度も雨が降っておらず、今回のコースも先週のFontanaと同じように乾燥し切った硬い路面で構成されている。しかしレイアウトは大きく異なり、短くパンチの効いた登りと直線的な下りが組み合わせられたハイスピードコース。下り区間にコーナーは少なく簡単にスピードに乗るが、鋭利な岩が多々あるのでパンクのリスクも高い。1周の距離は短く、スタートループ+7周回でのレース。先週よりも得意意識のあるコースであるので、今回こそは目標であるUCIポイントの獲得(25位以内)を達成したい。

2列目からスタート。先週ほど周りの選手のスピードに圧倒されることはなく、20番手ほどでスタートループをクリアして本コースへ入っていく。砂埃で視界が悪いが、試走の時にラインをしっかり確認しておいたので問題無い。位置取り争いでペースが上がる箇所も予想できていたので、冷静に力を出し切って走ることができていた。体に余裕は無いが、限界ギリギリの良いペースで追い込めている。

1周目は27位でクリア。目の前に選手もたくさん見えているので目標の25位内は十分に狙える位置。登りを数名のパックでクリアし、ハイスピードな下りへ入る。この下りは鋭利な石が多数あってパンクのリスクが非常に高く、試走の時に最も念入りにラインを確認したセクション。岩場を真っ直ぐに突っ切るのが最速ラインであるが、自分はパンクのリスクを考えて岩場を避けるラインを選択していた。1周目はこのラインで全く問題無かったので、2周目も同じラインを選択。しかしそこで前輪を滑らせて転倒してしまう。すぐに立ち上がり走り出すのだが、足に全く力が入らない。自分の足を見ると予想以上に出血が酷く、このまま走り続けるのが怖くなってきた。自分を追い抜く選手たちさえも心配そうな視線を送ってくる。どう考えてもこのまま走り続けるのは良く無い。小林監督が待つピットまで走り、残念ながらその場でリタイアとなった。

傷は予想以上に深くてすぐに病院に運ばれて15針縫うこととなった。アジア戦を前にして一番望んでいない内容のレースをしてしまったことがとても残念だが、こうなってしまったからには1秒でも早く治すことに気持ちを切り替えたいと思います。

また沢山の方々のご支援のおかげで無事に日本に帰国できたことに感謝致します。
全てを力に変えて、3週間後のアジア選手権をベストな体調で迎えられるように準備していきます。

日本からの応援、そしてお心遣いの言葉をかけて頂き、本当にありがとうございました。
怪我をしてしまったことは現時点ではマイナスでも、必ずプラスの出来事に変えてみせます。それは僕のこれからの行動次第だと思っています。

今後とも宜しくお願い致します。

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                   (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:VAAM 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp
         


2018年4月9日月曜日

UCI H-Class US Cup-Fontana City National:レースレポート


大会名:            US Cup-Fontana City National
開催日:   201847
開催場所:  アメリカ・FontanaSouthridge Park
カテゴリー: UCI Hors Class
リザルト:        36
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

アメリカ・ロサンゼルスから40kmほど東に位置するフォンタナで開催されたUScupに参戦してきた。来週も近くの会場でUCI最高カテゴリーのHors-Classが開催されるために、2週連続でのUCIポイントと賞金の獲得を狙って多くの強豪選手が参戦している。ほとんどがアメリカ国内の選手であるが、その数は80名以上。さすがアメリカ。MTB誕生の地だということを肌で感じた。

コースは広大なバイクパークの中に引かれた一周8.6kmもあるロングコース。硬く乾いた土の路面と岩を組み合わせて造られたハイスピードコース。急勾配なアップダウンやライン取りがシビアなセクションは存在しないが、上手い選手ほど最低限のブレーキングで高速コーナーをクリアできるように造られているのは先日のオーストラリアのサーキットと同じである。日本ではこういった高速コースを走ることがないために苦手意識があるのだが、オーストラリアで掴んだ良いイメージを自信にして25位以内に与えられるUCIポイントを獲得することが今回の目標。これまで獲得したポイントのおかげでスタートは最前列に並ぶことができ、俄然やる気も湧いてくる。

落ち着いてペダルキャッチに成功してスタート。予想はしていたことだが、とにかく周りの選手のスピードが速い。コーナーの立ち上がりからの加速が非常に速く、土煙りでよく前も見えない状況の中でダッシュを繰り返すワールドカップや世界戦のスタートを思い出す。コース上に抜きどころは少なく、前半にあるアスファルトの長い登りが順位を上げるために重要なポイントだと覚悟していたが、そこに辿り着くまでのダッシュの連続で既に身体中がキツい。肝心の登りに入ると何人もの選手に抜かれてしまい、せっかくの最前列スタートの優位さはあっという間に帳消しになる。下りで息を整えてなんとか次のポジション争いに備えようとするのだが、踏むべきギアを踏めずにスピードが上がらず、登りのたびに順位を落としてしまう。

2周目。平坦区間は数人のパックで走行しながら高速でレースを進めることで、徐々にリズムを取り戻す。高速区間が多いコースなので単独よりも数人のパックで走る方がペースを維持できて絶対に速い。だからこそスタートからの位置取りで良いパックに入らなければいけなかった。ポイントをかけた争いからは脱落してしまったかもしれないが、この位置でも自分の限界を超える走りをして次戦の糧にするしかないと気持ちを切り替える。

3周目。自分のミスでボトルを取り損ねてしまい、やたらと喉が乾く。かけ水を用意しておかなかったことも後悔。まだ暑さに体が慣れていないことも大きいので、来月のアジア戦前に暑さ対策が必要だと感じる。順位は下がりはしないが上げることもできない苦しい展開が続く。

そしてラストラップ。自分が今何番なのかは分からないが、最後まで競り合ってきた選手に競り勝って終えることを目標にする。平坦区間では後ろに付き、最後の登りの前でアタックして振り切ることができた。ラストラップが一番レースらしい良い走りができたと思う。
36位でのフィニッシュとなった。

1周目から身体が動かず理想とは程遠い走りになってしまった。なぜそうなってしまったのか?体調や調子云々ではなく、スタートダッシュのペースが自分にとってはオーバーペースでレッドゾーンに入ってしまったということに尽きる。
そして来週のUScupに向けて出来る対策はなにか?周りを気にせず自分のペースでスタートしたところで結果は変わらない。あるいはもっと悪くなるだろう。ポイントを取れる位置でレースを展開するには1周目の位置取りが全てと言っていい。そのために必要な刺激を今週のトレーニングにしっかりと入れて次戦に臨もうと思う。そして25位以内という目標を必ず達成したい。

アジア選手権前最後となる来週のレースを結果も内容も満足したもので終えられるように、この1週間を集中して過ごしていきます。

たくさんの応援、サポートありがとうございました!

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク       ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                    (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス        OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント     SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:SAVASスポーツウォーター 
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp
         


2018年3月28日水曜日

UCI Class3 MTBA XC NATIONAL SERIES ROUND7 & ROUND8:レースレポート


大会名:            2018 MTBA XC NATIONAL SERIES ROUND7 & ROUND8
開催日:   2018324-25
開催場所:  オーストラリア・キャンベラ・Stromlo Forest Park
カテゴリー: UCI Class3 エリート男子
リザルト:        1日目5位 2日目6
天 候:   晴れ
コースコンディション: ドライ

2日間に渡ってオーストラリアで開催されたUCI Class3のレースに参戦してきた。このレースはオーストラリア国内でのシリーズ第7&最終戦でもある。オーストラリアは日本と季節が逆になるため、10月〜3月までがMTBシーズン真っ只中。ここを主戦場としているオーストラリアの選手は非常にレベルが高く、彼らと競り合うことはMTBシーズンが始まったばかりの自分にとって非常に良い刺激となる。


首都キャンベラにあるStromlo Forest Parkという広大な敷地のバイクパークの中には1日では走り切れないほどの無数のトレイルが存在している。2009年には世界選手権が開催された場所でもあり、コースの難易度は世界トップクラスと言って間違いない。

路面は固くしまっていてスピードに乗りやすい。しかし人工的なロックセクションやジャンプ、バームセクションが主体となって構成されているために、それらをスムースにクリアするテクニックが無ければせっかく出たスピードを殺してしまうことになる。そして上手い選手ほどセクションごとにどんどんとスピードをのせていき、無駄な力を使わずにより速く走ることができる。非常に上手く造り込まれているコースである。そして子どもの頃からこの場所で技術を磨いてきたであろう地元オーストラリアの選手たちは誰もが上手い。3年前に同じ場所でレースをした時も彼らの下りのスピードに圧倒された。ポイントとなりそうなセクションは試走の時にしっかりと確認したが、1番重要なことはレース中に単独での走行を避けること。位置取り争いでペースが上がりそうな場所をコースの特徴から想定し、思い通りにレースが進むように心身ともに万全の準備をして臨んだ。

1日目】
スタートは2番コールで一列目から。1番コールでオーストラリアチャンピオンのキャメロン選手はワークスチームに所属するトップ選手で頭一つ抜けている存在と言える。スタートダッシュは6番手あたりにつけて、最初のシングルトラックへ。落ち着いて前の選手に付いていく。ダブルトラックへ出た瞬間から位置取りを争ってスピードが上がるが、これには問題なく対応して順位を上げることができた。脚の調子はかなり良さそうだ。先頭パックでレースを展開することができている。下りではとにかく前の選手のライン取りやブレーキングをできる限り真似をすることで何とか付いていく。誤魔化しが効かずに離れてしまう箇所もあるが、少しの差であれば登りで取り返すことができた。

2周目に入るとキャメロン選手が圧倒して早くも独走体制。そして2位の選手から少しのタイム差で自分を含む3人の3位パックが追走する形となる。登りを使って単独で2位の選手に追いつき、苦手な下りを引っ張って貰えれば表彰台にかなり近づく。そう思って積極的に踏み込んでいった。

3周目。あと少しのところで2位の選手には追いつけなかったが、単独3位となることができた。後続の2人には登坂力では優っている自信があるが、やはり下りで数秒は縮められてしまうので油断ならない。だが自分が予想していた以上に身体が良く動いていることが楽しく、とてもレースに集中できていた。

しかし4周目。パフパフに乾いた下りセクションで前輪を取られて派手に落車。もっともやってはいけないミスを起こしてしまう。曲がったハンドルを直している間に2人に抜かれる。しかも落車の影響でフロントブレーキを破損してしまい、かなり走り難い状況。心が折れかけるが、まだ前の2人は見えているので諦めずに追いかける。

5周目。4位に上がるが落車のときに打ち付けた脚が固まって登りも辛くなってきた。下りはブレーキが破損しているので再び転倒しないように走るので必死。なかなかリズムを戻せないうちに3位の選手に離され、後ろの選手に再び追いつかれてしまう。4位争いをかけて最終周回へ。

この展開で競り勝つには下りに先頭で入って蓋をしてでも自分のペースで走り、登りで勝負をかけるしかない。相手もそれは分かっているので、ダブルトラックで位置取りを争ってアタックを掛け合う。死力は尽くしたが、もう足は残っておらずに下りに先に入られてしまった時点で勝負あり。5位でのフィニッシュとなった。

なんとかUCIポイントは1ポイント獲得できたが、表彰台を逃したことが本当に悔しい。しかし今日のレースでの自分の走りは去年までの自分にはできなかったパフォーマンスであり、確実に成長を感じることができて大きな自信となった。落車の影響で身体中は痛いが、前向きな気持ちで翌日のレースに備えることができた。

2日目】
レースの興奮と落車の影響であまり良く眠れなかったが、心配していたほど打ち付けた脚の痛みはない。壊れたバイクも小林監督に完璧に整備して頂き一切の不安はない。前日と同じ流れで朝のアップと食事を済ませて会場入り。調子が良いレースができた後ほど身体へのダメージも大きいので、昨日より苦しい展開になる覚悟を持って2日目に臨んだ。
コースは前日とは変わり、長く登って一気に下ってくるクラシカルタイプなコース。疲労している脚にとっては前日のコースほど斜度がキツくない登りは助かるが、ダウンヒル区間の難易度は増していて下っている時間も長くなる。どちらかと言えば昨日よりも苦手意識のあるコースではあったが、昨日果たせなかった表彰台に登るチャンスは今日しかないので意気込んでいた。

スタートはペダルキャッチを完全に失敗してしまい一瞬大きく出遅れるが、この後に長い登りを控えていることと強い向かい風の影響があってか昨日ほど集団のスピードは速くない。なんとかシングルトラックに入るまでに8番手あたりまで順位を戻すことができた。ダブルトラックでは前日同様に位置取りをかけてペースが上がるが、この時点で昨日ほどの脚のキレがないことを感じてしまう。なんとか先頭集団の後ろとなる6番手で長い登りへ入った。斜度は緩いもののタイトターンの頻発する登りなどで、どうしても前の選手と詰まってしまって走り難い。ストップ&ゴーを繰り返すインターバルのような走りになってしまったことでかなり脚を削られてしまった。シングルトラックを登り切ってから下りに入るまでの間に僅かにコース幅が広がる区間があるのだが、ここでの位置取り争いに参加できずに先頭集団から遅れてしまう。後ろから選手も来ないので早々に単独での走行となってしまった。

2周目。登り区間でも先頭集団との差は広がっていく。まだ2周目だが昨日のレースの最終ラップのように脚が辛い。後ろから2名の選手が追い上げてきているのが分かったが、あまり気にせず前だけを見てスムースな走りを心掛ける。

3周目。2分後ろからスタートしたジュニアクラスの世界チャンプに追いつかれてしまった。彼の後ろに付いて走り方を真似してみるが、ライン取りや加速のタイミングなどあらゆる細かい技術を積み重ねた本当にスムースな走りだった。ケイデンスが常に一定で全くブレがない。なんとか登り終わりまでは食らいつくことができたが、下り区間に入ればダウンヒル選手かのようにジャンプを多用して加速していくので、あっという間に離されてしまった。

4周目。先ほどの周回で走りのリズムを取り戻してきたことで今できる最大限のペースを保てている。6番手の選手を視界に捉え、ファイナルラップ手前で追いつく。

そして最終周回。20秒ほど前に5番手の選手も見えてきた。彼を抜かせばUCIポイントを獲得できるので最後の力を振り絞る。しかし下り区間でバイクを抑えられずに転倒。バイクが綺麗に一回転したが、幸い身体にもバイクにもトラブルは無くすぐに立ち上がって走り出すことができた。

昨日に引き続いて砂埃まみれとなって6位でゴール。目標であった表彰台とUCIポイントは獲得できなかったが、オーストラリアの観客からの暖かい拍手に迎えられると全てを出し切った清々しい気持ちになれた。共にレースを戦った選手と言葉を掛け合う時間も最高に気持ちが良かった。

2周目から最終周までほぼ同じラップタイムで走り切れたことは、このレースの良かった点でもあり課題でもある。やはりレベルの高いレースほど序盤の位置取りが全てと言っていいほど重要で、2日続けては表彰台に絡む走りができなかった自分にはまだまだスピードが足りていない。もちろん下りのスピードも足りていないが、最初の登りで先頭集団に残るだけの脚があれば周りの選手に合わせて単独では出せない速度で下れることもよく分かった。こういったレースでしか味わえないような経験が刺激となって、これから更に調子を上げていけるはず。今年は良い形でシーズンをスタートできているので、過去最強の自分に必ず辿りつけると思う。

そしてシーズン前半最大の目標である5月のアジア選手権まで残り40日ほどとなった。ここからの貴重な時間を大切に過ごしていきたい。

次戦はアメリカでのUCI H-Class2連戦を走ります。ワールドカップ並みにレベルの高いレースとなるので、日本でしっかりと身体を整えて万全の体調で臨みたいと思います。

応援、サポートありがとうございました!

TEAM BRIDGESTONE Cycling
沢田 時

使用機材
バイク         ANCHOR XR9http://www.anchor-bikes.com

サスペンション  SR SUNTOUR AXON

コンポーネンツ   SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ (http://www.shimano.co.jp
シューズ         SHIMANO  S-PHYRE XC9

ヘルメット                Kabuto ゼナード スペシャル・チームカラー
グローブ     Kabuto  PRG-5(ブラックレッド)
                                     (https://www.ogkkabuto.co.jp)

ウエア        Wave One (http://www.wave-one.com
         Legge Fit Pro
         
サングラス                OAKLEY (http://jp.oakley.com
         JawbreakerPRIZM ROAD
        
サプリメント        SAVAS(株式会社明治)(http://www.meiji.co.jp/sports/savas/
          レース前:ピットインエネルギージェル
                栄養ドリンク風味(カフェイン入り)
                            レース中:VAAM
          レース後:リカバリーメーカーゼリー

ヘッドバンド   HALO バンディット (https://www.haloheadband.jp